理系女子だって創れるニッポンの素敵な未来

フジワークR&Dの挑戦 女性エンジニアが挑戦できる場所創り

男女の境目なく一人の人間として能力が活かせるように。フジワークR&Dは、女性エンジニアの更なる社会進出を全力で支援。女性エンジニアとしてキャリア形成を望む人材と、女性エンジニアの在籍比率向上に取り組む企業のマッチングを大切に、より多くの就業と雇用の機会を創造します。

人材をお探しの企業様へ。女性エンジニアが育つ職場育む職場

女性が女性らしく充実した人生を歩みながら、キャリアアップできる理想の職場作りに、フジワークR&Dの経験と実績で貢献します。優秀な能力を持ったエンジニアを厳選派遣。企業に新しい価値と歴史をもたらす、女性ならではの感性と技術をお届けします。
▶貴社が必要とするスキルが備わった人を厳選し派遣します。
▶チーム単位での派遣も可能です。
▶短期間の派遣から長期間の派遣まで、ご要望に応じます。
▶貴社での雇用を前提とした紹介予定派遣も可能です。

女性エンジニアをとりまく環境

まだ少ない、製造業での女性の割合

エンジニアの活躍する花形業界である製造業。女性エンジニアとしてキャリア形成を望む人材が増える一方、業界の女性比率はおよそ30%。学術研究、専門・技術サービスの女性比率は約34%と、着実に増えてはいるものの、女性の割合は半数を大きく下回っています。

「6年も差が有るの?」

キャリアアップの実現と職場の平均年齢は密接に関係しています。男性機械系エンジニアの平均年齢が41.7歳なのに対して、女性エンジニアの平均年齢は35歳。その差は6年。女性のキャリアを形成しづらい時代だといえるかもしれませんが、逆に女性がキャリアアップできるチャンスはまだまだ秘められていると考えることもできます。そのチャンスを、フジワークR&Dが、女性の「大きな可能性」へと発展させようとしています。

「理系女子」を育てる

厚生労働省が推進する「ポジティブ・アクション」の実現に向けて、官民一体となった取り組みが続く現在、女性技術者のキャリア形成の実現に向けた動きも活発化。理工系大学に進学する女子学生を増やすための啓蒙活動や奨学金の創設、女性技術者のロールモデルの提供など…。エンジニアとして活躍することを希望する女性を増加させる教育体制の構築に、産学一体となった様々な取り組みが始まっています。


内閣府男女共同参画局「就業者及び管理的職業従事者に占める女性の割合(産業別)」より抜粋